ターンアラウンドのキーマンが上場企業の社長に就任

依頼企業 上場廃止寸前の小売企業
募集職種 COO
想定年収 非公開
概要 投資ファンドの資本注入に伴い事業再生と戦略を実行
依頼者 投資ファンドの担当者
背景 価格破壊で業容を伸ばしてきた、特殊な商品を販売する業界。
そこに属しているクライアントは、近年、急速に価格破壊と経営の近代化が進んだが、他業界から比べるとまだまだ遅れたものであった。
より戦略的に、かつ徹底的に経営の再構築を進めるため、他業界からMDのキーマンを迎える必要があるという結論に至った。
ターゲット ・マーチャンダイジングの方法論において、最も進化していると言われる某企業のMD経験者
依頼理由 今回の案件は、ターゲットがほぼ決まっていたものの、MBAホルダーやコンサルタントのように、個人名がなかなかマーケットには出てこない業界だった。
弊社は、まさにその分野の数少ない経営人材とコネクションを持っていたため、弊社のネットワークとその業界の人材DBに期待をいただきご依頼いただいた。
結果 当初、MDの採用を想定していたが、投資ファンドが舌を巻くほどの戦略、戦術落としこみまでの具体性が必要であり、想定していた以上に、事業戦略全体の構想が必要だと判明。
弊社から紹介した候補者は、投資ファンドとのリレーションも良好だったことから、入社後3ヶ月で上場企業の社長に就任することになった。