エグゼクティブ・ボードが選ばれる理由

エグゼクティブ・ボードが選ばれる理由

  • 日系上場企業・事業会社 7割以上希少性の高い
    日本企業×特命案件

    日系の事業会社(小売流通、消費財メーカー、食品メーカー等)でかつ上場企業およびその子会社の上位職案件は、数が少なく大変希少です。エグゼクティブ・ボードはこの領域に圧倒的な強みを持ち、魅力的な案件を豊富に保有しています。

  • エグゼクティブポジション 80%以上80%以上が
    エグゼクティブポジション

    社長、取締役、部長クラスのポジションが全体の80%以上。それ以外のポジションも幹部候補の案件が多く、実質的にほぼすべての案件がエグゼクティブ案件です。

  • 平均決定年収 第2位 (463社中)グローバルな
    マネジメント案件も豊富

    中国、シンガポール、北米にグループ会社を展開しており、日本と連携してグローバル案件を取り扱っております。海外事業開発や、現地法人のマネジメント求人等、多様なニーズに対応します。

  • 今までにないチャレンジを

    私たちからコンタクトをさせていただく場合、それは特別なオファーです。当社はヘッドハンティングを主とした方法で、ベンチャー企業から一部上場企業の採用の支援をしており、経営、または経営に直結したポジションとして、クライアント企業の特命を受けコンタクトさせていただいています。

    マーケットにある様々な情報をリサーチ・分析し、特定された情報から、ある理由によってあなたにコンタクトをとらせていただいています。

    私たちは日本経済を活性化させるリーダーを発掘・育成し、日本、そして世界を代表する日本企業を増やしていくことに貢献したいと考え、エグゼクティブポジションの採用支援をしています。候補者の方にとって、条件面だけでなく、人生において価値あるチャレンジになるよう厳選に厳選を重ねた非常に魅力的な案件のみを取り扱っています。

    ご案内のご提案に関心をお持ちでない場合もあるかと存じますが、コンタクトをさせていただきましたご縁を大切に育てていきたいと願っています。お目にかかれますことを心待ちにしています。

  • 特別なご提案です

    これまで、多くの企業が日本という市場の成長とともにあり、その構成員はそのような状況のもとで数多くの成長の機会を自然と獲得し、それによってまた自社が成長する、という好循環な中にありました。しかし、昨今の競争環境の変化、世界経済の変化は、そうした旧来型の成長構造を維持することを不可能にしました。

    一方で、グローバル化と情報技術・デジタル化の進展は、新たなビジネスチャンスを生み出し、未開の地・フロンティアの拡大をもたらしました。そうした中で多くの古くからある産業からも、果敢に新しいビジネスモデルへの挑戦、新興国などのグローバル市場への取り組みを加速させる経営者が出てきました。そうした経営者は、旧来の業界の慣習や経験則にとらわれない、新たな発想をもつ人材を求めます。我々が探し当てるのは、そうした「チャレンジ精神」をもつ人材であり、そうした個人の志向性、本質的な資質はお会いしなくては十分な理解が出来ません。ぜひ、一度直接お話しをさせてください。

  • 志を大切にします

    経営を担う人材の能力・適性は、経験だけで測られるものではないのは言うまでもありません。我々は、依頼主である企業の経営者からじっくりとほしい人材像をお伺いし、時にその経営者すらも気づかない、本当のニーズ=本質を探り出します。そして、その本質を見出した時に、我々はその経営者の「志」を知ることになります。

    だから、その候補となりうる方とお会いするときにも、我々はその方の「志」を探ろうと努めます。今まで何を大切にしていきたのか、これまでの困難から得た重要な教訓は何か、自身の逃げない姿勢や困難に立ち向かう姿勢を形作る幼少期からの経験や仕事で出会った貴重な仲間、同士。そうした本質に近づいて、理解し、それを前提に次の機会をご提案するのでなければ、本当の成長支援ができないと考えるからです。スキルや経験の裏側にあるその人の本質=志を我々は大切にします。

転職者が見て来たもの・見据えるもの

1

事業立上げのスペシャリストが選んだ道

彼はその会社で"事業立上げのスペシャリスト"と呼ばれていた。 大手商社の海外部門から外資金融系企業の戦略的提携部門責任者を経て、30代半ばで一部上場企業の執行役員と、まさ に絵に書いたようなエグゼクティブキャ リア。人当たりがよく自然体で、言葉の端々にクレバーさが漂う、そんな雰囲気の人物だった。現職には、コンシューマー商品を扱う・自己完結できる…

続きを見る
  • 1

    "生きる"とは、森羅万象を味わい尽くす旅のことだ

    五分刈りの坊主頭に、ぶ厚い胸板、大きな声、笑顔......。現在30歳の彼が、ほんの2年前まで、将来を嘱望された銀行マンだった…

    続きを見る
  • 1

    12年かけて"銀行"という組織で学んだこと

    特殊印刷会社を営む両親のもとに生まれ、当時、大学4年だった青年も銀行が第一志望だった。親類縁者にも経営者が多かった彼は…

    続きを見る
  • 1

    希望退職

    希望退職制度を利用して15年以上勤めた会社を辞めた。彼は食品会社で品質管理の仕事を長くやっていた。大学院卒業後、研究開発職…

    続きを見る
  • 1

    転機~それぞれの会社から学んだ事

    学生時代はプログラム開発のバイトでお金を貯めては中国滞在を繰り返していた。バックパッカーとして世界中を旅したい、そんな事も…

    続きを見る

あなたのビジネス人生の集大成にふさわしい価値あるチャレンジをご提供します

個人の方のご相談はこちら